知らないと損!ベンツCクラスW205後期型のステアリング(ハンドル)スイッチの機能紹介

Car

こんにちは、Mandaysです。

ベンツCクラスW205後期型に乗っている皆さんへ、知らないと損するステアリングのスイッチの機能について説明します。

「ハンドル(ステアリング)のスイッチなんてごちゃごちゃしていて走行中に触るのは怖い。。」

「今思えば普通に乗っているだけで便利だなあと感じる機能は少ない?」

と感じていませんか?

この記事ではCクラスW205後期型のステアリングに設置されているスイッチの機能について詳細に解説します。

スポンサーリンク

CクラスW205後期型のステアリング

ベンツのステアリング

ベンツCクラスW205後期型のステアリングはこんな感じですよね。

ステアリングからも高級感を感じるベンツですが、もちろんその機能も素晴らしいものを兼ね備えています。

それぞれのスイッチの機能について詳しく説明していきます。

ベンツのステアリングスイッチ

スポンサーリンク

スイッチ①:電話の受け取り

このスイッチ①は携帯電話の受け取り/拒否/終了に使用します。

(携帯電話をBluetoothで繋いでいる前提です。)

電話がかかってきた際に上方にスイッチを押すと電話に出られます。

また、電話を拒否したい場合もしくは電話を終了したい場合には、下方に押します。走行中に携帯電話の使用は法律で禁止されていますが、Bluetoothで繋いでおけば、ハンドルのスイッチ操作一つで電話のやり取りが可能になります。

スイッチ②:音量設定

走行中に音楽を聴くことが多いと思います。もしくはラジオを聴いたりしますよね。その際の音量調節はこのスイッチ②で可能です。くるくると上方向に回せば音量が上がり、下方向に回せば音量が下がります。また、くるくると回すのではなく、押すこともでき、押すことでサウンドのオンまたはオフを切り替えることができます。

スイッチ③:音声認識機能

スイッチ③を上方向に押すことで音声認識機能を開始します。

この音声認識で操作可能な機能は以下の通りです。

  • 電話
  • メッセージ(SMS)
  • ナビゲーション
  • アドレス帳
  • ラジオ
  • オーディオ
  • テレビ
  • 車両

車両に関してはエアコン温度設定やアンビエントライトの色変更など様々な車両設定を音声で設定することができます。

ナビゲーションに関しては誤認識がどうしてもあるようで、車を停車させてナビ本体の操作で目的地を設定する方がスムーズだと思います(笑)

ベンツのステアリングスイッチ

スイッチ④、⑥、⑦:設定した速度で走行する

ハンドル右側のスイッチについての紹介です。こちらは「走行中の速度設定」に使用するスイッチであり、基本的に高速道路などの信号がない(少ない)道路を走行中に使用するとかなり便利な機能になります。

このスイッチ④、⑥、⑦は以下2種類の設定方法に使用します。

任意の速度を手動で設定し、自動で走行する

まず、任意の速度を保存します。

その設定する速度はスイッチ⑥で変えることができます。

  • 1km/h単位:スイッチ⑥を上方または下方に軽くタップ
  • 10km/h単位:スイッチ⑥を手ごたえのあるポイントを超えて上方または下方に押す。

設定したい速度になったら、スイッチ⑦を上方(RES)に押します。

アクセルペダルから足を放すと、任意の保存速度が設定され、十分に車間距離が確保されている場合に設定した速度を維持して走行可能になります。

また、スイッチ⑦を下方(CNCL)に押すと、設定速度がキャンセルされ、自分でアクセルペダルを踏んで走行するモードへと変わります。

走行中の速度で設定し、自動で走行する

車両が設定したい速度に達したら、スイッチ⑥を上方(SET+)または下方(SET-)に押すか、もしくは、スイッチ⑦を上方(RES)に押します。

これで完了です。アクセルペダルから足を放すと、走行中の速度に設定され、十分に車間距離が確保されている場合に設定した速度を維持して走行可能になります。

また、スイッチ⑦を下方(CNCL)に押すと、設定速度がキャンセルされ、自分でアクセルペダルを踏んで走行するモードへと変わります。

この、速度設定による自動走行モードにおいて注意点があります。車間距離が縮まった場合には、システムの制動力により減速しますが、車間距離を維持できず、衝突する危険があるため、運転者は常に周囲の状況に注意を払い、いつでもブレーキを踏めるようにする必要があります。

また、ハンドリングは運転者に任されており、あくまでアクセルペダルから足を放しても設定した速度で走行してくれる機能です。

常に周囲の安全に配慮した運転者による運転操作が必要です!

スイッチ⑤:指定最短距離

先行車両との最短距離を変更します。また、この指定最短距離は走行中の速度に左右されます。ただ、この機能により先行車両と衝突が必ず防げるわけではないためいつでもブレーキを踏めるようにしておく必要があります。

まとめ

この記事ではベンツCクラスW205後期型のステアリングに設置されたスイッチの機能紹介をしました。

音声認識機能や高速道路走行中の速度設定など知らない機能があったのではないでしょうか。

メルセデス・ベンツという素晴らしい車に乗るからには、搭載された素晴らしい機能をフルに活用し、より快適なドライブを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました