若手サラリーマンがベンツを購入するときに注意すべきことは!?

Car

こんにちは、Mandaysです。

サラリーマンをしながらベンツの購入を考えている方は沢山いると思いますが、特に若手のうちは貯金がそれほど多く貯まっていないことや、そもそも若いサラリーマンがベンツを維持できるのだろうか、という悩みから購入に踏み切れない方が多くいるのではないでしょうか?

この記事では、20代サラリーマンの私が実際にベンツを購入した経験をもとに、若手サラリーマンがベンツを購入するときに注意すべきことを紹介します。

◎この記事はこんな方にオススメです!

  • 若手サラリーマンだけどベンツが欲しい方
  • カッコいい車に乗りたい方
  • ベンツを買うときに必要な貯金額を知りたい方
スポンサーリンク

実際に所有している車の紹介

私が20代サラリーマンでありながら購入したベンツの詳細情報を紹介しておきます。

【車名】メルセデス・ベンツCクラス(セダン)C200 アバンギャルド AMGライン

【年式】2018年式

【型式】W205後期型

◎ベンツを購入して良かったことは以下の記事にまとめています。

スポンサーリンク

若手サラリーマンがベンツを購入するときに注意すべきこと

では、早速ですが若手サラリーマンがベンツを購入するときに注意すべきことを紹介していきます。

本当に心の底から欲しい!?

本当にベンツじゃないとダメなのか、どうしても今のタイミングで欲しいのか、自問自答することが大切です。

ベンツと言っても車種や年式、型式、どの店舗で購入するかによって価格はピンキリですが、それでも人生で一番高い買い物になる場合がほとんどだと思います。

そこで、皆さんに考えて頂きたいことは、今のタイミングでベンツを買わなかった自分を未来の自分が後悔するかどうか、です。

それを考えてみて、もしここで購入せずに結婚や家庭環境の変化からベンツを購入するタイミングを失ってしまい、あの時に購入していれば良かったな、と後悔する可能性があるのであれば、それは今のタイミングでベンツを購入するべきだと思います。

私はそう考えたときに、むしろ絶対に今購入するべきだ!という結論に至りました。

皆さんにもこの考え方のもと、自問自答して頂きたいです。

認定中古車を購入する

ベンツを購入する場合は正規ディーラー(ヤナセを含む)で認定中古車を購入することをオススメします。

若手サラリーマンの方は、よほど年収の高い企業に勤めている場合を除き、自分の稼ぎなんてまだまだ低いと思います。少なくとも私はそうでした。

それでもベンツを購入したいのであれば、まず新車での購入は考えない方が良いです。

ローンの支払いのせいで普段の生活レベルが確実に落ちますし、ベンツはリセールがあまり良くないためお金持ち以外の方は新車で購入するメリットがそもそもないです。

したがって、まず中古で購入することになると思いますが、是非とも正規ディーラーで認定中古車を購入して頂きたいです。

認定中古車は一般の中古車店に並ぶ車体と比較すると、確かに販売価格は高いというデメリットはありますが、それ以上に「車体の状態が良い」「プロのもとで購入&点検できる」「圧倒的に充実した保証を無料で受けられる」などベンツを所有してからのメリットがたくさんあります。

まずはお近くの正規ディーラーへ足を運んで頂き、認定中古車を見て頂きたいです。

◎認定中古車保証の詳細は以下にまとめています。

◎ベンツを中古で購入するメリットは以下にまとめています。

実際に自分の目で見て確認する

ベンツに限らず、車の購入を考えているときネットで正規販売店の公式HPやカーセンサー、グーネットなどで自分が欲しい車を検索して調べると思います。

そこで、自分が欲しい車種、年式、カラーなどが一致する車体を見つけ、購入する気がある場合は、その車を販売している店舗まで行き、自分の目で現物を確かめることをオススメします。(オススメというか、そうしてください。)

私は正規ディーラーおよびヤナセの公式HPから自分の理想の条件に合う車体を見つけたら必ず現物を見るために店舗へ足を運んでいました。

すると、写真では伝わりづらい細かいボディやホイールの傷、車内の汚れなどを見つけ、何度も購入を諦めました。

もし、実物を自分の目で直接確認せずに、そういった細かい傷などに気付かないまま購入を決定してしまっていたら必ず後悔していたと思います。

皆さんも気になる車体を見つけた場合は、まず足を運んで下さい。

良い車体であれば即購入する

中古車の購入は運命的な出会いのようなものです。

例えば新車の購入であれば悩みに悩んで何度も店舗へ足を運びディーラーの話を聞いて購入するという流れで問題ないですが、中古車は一点ものです。

自分が悩んでいる間に他の誰かに購入されてしまうと、もうその車体は二度と現れません。

ですから、ネットで調べて気になる車体があれば最短日程で店舗へ足を運び、現物を確認し、自分が良い!!と思った場合はその日にその場で即購入するようにしましょう。

もしくは、即購入に踏み切れない場合はディーラーに相談し、仮押さえをしてもらいましょう。

その車を求めているのは自分だけではないことを自覚し、他の誰かに購入される前に自分がゲットできるかどうかが中古車の購入では鍵となります。

生活防衛資金を残す

若手サラリーマンがベンツを購入するためにはいくらの貯金が必要なの?

皆さんが最も気になることはズバリこれですよね。

若手サラリーマンという前提ですので、一括ではなく、頭金をいくらか払い、残りはローンを組む前提でお話します。

人によって収入額や生活スタイルが異なるため具体的な金額をお伝えするのは難しいですが、頭金を支払った後に生活防衛資金として給料6か月分の貯金が残るようにしましょう。

これって投資を始めるときにもよく言われますよね、それと同じだと思ってください。

一般的に車の購入は年収の半額以下の金額に抑えるのが基本と言われますが、私はその必要はないと思っていますし、実際に購入したときその条件には当てはまっていませんでしたが、問題なく生活できています。

ただ、貯金をほとんど使い果たしてまでベンツを購入することは絶対にやめた方がいいです!!

ガソリン代は高い(燃費悪い&ハイオク)ですし、万一の故障の修理費も高く、維持費は国産車に比べて高いのが現実です。

そのため、購入するときにある程度頭金を支払って残りはローンを組むとしても、給料6か月分の貯金が残るようにしましょう。そうすれば安全ですし、問題なく生活していけると思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

若手サラリーマンがベンツを購入する上で注意すべきポイントをいくつか紹介しました。

最後に私の個人的な思いを記載させて頂きますが、人生はたったの一回きりです。

そして、まだ私自身20代なので何とも言えないですが、たぶん人生は思っているよりも短いです。

ですから、もし今どうしてもベンツが欲しい!!と思っているのであれば周囲の反対を押し切ってでも購入することがより豊かな人生を楽しむことができるはずです!

是非、この記事に書かれている注意点を参考にしながらベンツを購入してみて下さい。では。

タイトルとURLをコピーしました