サラリーマンが週5でジムに通う9つの方法を徹底解説

Work out

こんにちは、Mandaysです

まず初めに、私は一般的なサラリーマンですが週5でジムに通い筋トレに励んでいます。

ですが、仕事が忙しくてなかなかジムに行けないと悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

仕事で疲れてジムに行けない、、

ジムに行く時間がない、、、

サラリーマンをしながらジムに通いたい、、、

こんな風に悩んでいる方に私が週5でジムに通うためにやってきたことを伝授します。

私自身も筋トレを始めたころは「時間がない」「疲れてジムに行くのをやめよう」といった感じでなかなか継続できませんでした。

しかし、今となっては、サラリーマンをしながら高頻度のペースでジムに通うことは決して難しいことではないと断言できます。

それでは、私がジムに週5で通うために実践してきたことを解説していきます!

スポンサーリンク

夜20時半までに家に帰る

サラリーマンをしながらジムに通うとなると基本的には仕事終わりにジムに行く場合がほとんどだと思います。

中には朝が強い人もいるかもしれませんが、私の場合は仕事終わりにジムに行く方が体力的に楽なのでそうしていますが、夜20時半までに家に帰ることを心がけています。

残業の関係で家に着くと夜10時を過ぎているようなこともありますが、最低でも平日のうち3回は夜20時半までに家に帰るようにしてそこからジムに行っています。

ジムに行く日のスケジュールはこんな感じです。

これを見ると睡眠時間もしっかり確保した上で、ジムで筋トレも十分にできていると思いませんか?

私は仕事中、集中力を切らさないために最低でも7時間の睡眠時間が必要な体質なのですが、このようなスケジュールだと仕事にも支障が出ない状態でジムに行けます。

ですので、仕事終わりにジムに行くために20時半までに家に帰るようにしましょう。

スポンサーリンク

土日はジムに行く

土日はジムに基本的に必ず行くようにしましょう。

“基本的に”というのは、平日に4回ジムに行けたならどちらかは休んでOKです。

土日は家でゆっくりしたい気持ちがあると思いますし、どこかへお出かけすることも多いと思います。

ですが、朝一や夜帰ってきてからジムに行く時間はあるはずです。

土日だから休むのではなく、サラリーマンは平日に仕事があるからこそ土日は必ずジムに行くようにしましょう。

家から近いジムを契約する

ジムに行くのが面倒になる理由のひとつに、時間がかかってしまうことが考えられます。

貴重な時間をジムでの筋トレに投資する上で、ジムまでの移動に多くの時間をかけていては続かなくなる原因となります。

家から近くにあるジムを契約するようにしましょう。

適切な筋トレ時間を把握する

上記の内容と少し被りますが、ジムに行くのが嫌になるのは時間がかかると思っているからではないでしょうか?

しかし、筋トレの最適な時間は60分程度であり、それ以上長くする必要はありません。

◎以下の記事に最適な筋トレ時間をまとめています。

また、あくまで60分できれば素晴らしいというだけで30分だけでも十分です。

上の内容と合わせると、家から片道10分のジムに30分だけ筋トレをしに行く場合、着替えの時間などを考慮してもたったの1時間あれば十分です。

長い時間トレーニングする必要は一切なく、短時間でもジムに行って、例えばベンチプレスだけして帰るというのでも十分です。

これならジムに通えると思ってきたのではないでしょうか?

ジムに行った自分と行かなかった自分を想像する

仕事で疲れたときや、ジムに行くのが面倒だと感じたときに、それでもジムに行ってベンチプレスだけでもやった自分と、ジムに行かずYouTubeを見ながら家でのんびり過ごした自分を想像してみて下さい。

前者の方が圧倒的に自己の成長に繋がっており、行くべきだとさえ思いませんか?

例えば風を引いているときや熱を出しているとき、怪我をしているときはゆっくり家で大人しく休むべきですが、そうではないときにジムに行くより行かない方が良いなんてことは決してないです。

未来の自分を想像すればジムに行くか行かないか明確な答えはすぐに出てくるはずです。

しんどいときは行くだけ行ってみる

今日は疲れているからジムに行くのをサボりたいと思ったとき、行って帰るだけでも良いからという気持ちで、とりあえずジムに行くだけ行ってみて下さい。

ジムに行って何もしなくてもOKです。マシーンを見て帰るだけでもOKです。

ですが一応筋トレできる準備だけはしておいてくださいね。

家にいるときはどんなにジムに行くのが嫌でも、いざジムに来てしまえばガッツリ筋トレして帰るというのがオチです(笑)

ジムであれをしないといけない、これをしないといけないと考えるから余計に嫌になるのです。

とりあえずジムまで行ってみてそれでも嫌なら帰ればいいです。

それくらい軽い気持ちでとにかく家からジムへ出発するというのをマストにしましょう。

SNSを通してマッチョを見る

YouTubeやインスタグラムを通じてマッチョたちの身体を毎日見て下さい。

マッチョではなくても自分が理想とする身体や人物をSNSでフォローし、とにかくその人を見る機会を増やしましょう。

何も目標がない中で何となくジムに通うのは至難の業です。

仕事で疲れたときや、今日はジムの気分じゃないなあと思った時に、理想の人物のアカウントを見ればジムに行かない選択肢なんてすぐに消えるはずです。

筋トレ系YouTuberの動画を見てモチベーションを上げるのも良い方法です。

とにかく憧れのマッチョたちを見て自分もこうなりたいと強く思うことが大切です。

プロテインやサプリを買う

プロテインやBCAA、EAAなどのサプリメントを買うことでトレーニー感が増し、自己肯定感が上がります(笑)

筋トレを継続する上でこれはとても重要なことでモチベーションを高く保つ必要があります。

そこで、プロテインやサプリメントを揃えることで、ジムに行ってそれらを摂取するのが楽しみの一つになり、疲れているときやジムに行くか迷ったときの後押しをしてくれます。

私はプロテインやサプリメントはマイプロを愛用しています。その理由は他社メーカと比較して一番安いからです(笑)

◎マイプロの公式HPはこちら

ぜひ、マイプロでプロテインやサプリメントを揃えてみて下さい。

◎プロテインの間違った飲み方はこちら

◎BCAAとEAAについての詳細はこちら

BCAA?EAA?トレーニング中の水分補給!
トレーニング中の水分補給の必要性やBCAA&EAAの違い、そしてそれらの摂取タイミングについて解説しています。筋トレ初心者の方にとってBCAAやEAAとは何か、という疑問があり、その効果がわからない方が多いはずです。この記事を読むことで、筋トレの最中に飲むべきBCAAまたはEAAについて理解することができます。

週5でジムに行くことを習慣化する

最後に紹介するのは「習慣化」です。

上記の内容を3か月頑張って継続してみて下さい。

そうすると仕事終わりにジムに行く、土日はジムに行く、週5でジムに行く、というのが日々の生活の一部となり「習慣化」します。

私はこの「習慣化」をマスターすることができたため、サラリーマンをしながら週5でジムに行くことを苦だと一切思うことなく、むしろ家にいると居ても立っても居られなくなり週5でジムに行くことができるようになりました。

ジムに行かずにはいられない領域まで来るとこっちのものなので、とりあえず3か月間やってみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

そんなに難しい内容はなかったのではないでしょうか?

この記事で紹介したことを実践すれば間違いなくサラリーマンの方でも週5でジムに通うことができるようになります。

ぜひ実践してみて下さい。では。

タイトルとURLをコピーしました